秋芳洞と秋吉台からの夕日。

標準

秋芳洞の入り口です。
紅葉していて綺麗でした♪
秋吉台の地下100mにあり、洞内からの水は3段の滝となりコバルトブルーの川面へと流れ落ちています。
洞内の観光コースは1kmで、温度は四季を通じて17℃で一定しています。

百枚皿と言われる石灰岩

 

 

 

凄い高さでしょう!!
黄金柱と呼ばれている鍾乳石。
私が小さく見えます。

長渕。
水面に映し出された自然の芸術品。
美し過ぎるくらい綺麗!!
誰も居ない静まり返った洞窟内はまるで神秘的に光り輝いていました♪

秋吉台からの夕日。
今迄こんなに綺麗な夕日を見た事ありませんでした。
コバルトブルーに輝いてとても美しい!!感激!!
この日も自然に感謝の一日でした(^-^)v       2011,11,26Elena撮影

広告

大浦天主堂とグラバー園 (長崎編PART 2)

標準

数十年振りに来る事が出来ました。
国宝大浦天主堂です。
中世紀建築のゴチック式の様式
フランス人宣教師フューレ神父の設計。
着工は1863年12月で翌年の12月に竣工されてます。
美しいですね〜♪
中は、写真撮れませんので想像するか、行かれて下さい(^^)

その後すぐ後ろの方にあるグラバー園に行きました。





こんな感じで楽しくおしゃべりしながら食事をとっていたのでしょうか♪
300年樹齢のソテツ。軍艦、船舶の建造や仲介等で薩摩藩に尽くしたグラバーに

薩摩藩主からプレゼントされたものと言われています。

さ〜〜ハート♡を探しましょう♪
このグラバー住宅の敷石にハートの敷石があります。2枚あり、そのハートを見つけると良い事があったり、さわると恋が叶うとか^^
一つは庭の方位盤の下で・・・

ありました〜〜て言いますか、中学生くらいの男の子が騒いでいて見つけれました^^;

もう一つは中々見つけれずに諦めていた時にまた若い女性が・・・
あはは〜〜人の見つけたのを写真にパチリ♪
でも嬉しいな〜〜!!    いいことあるといいな〜〜♪

雨の中頑張ったご褒美にします(笑)

場所のヒントはこの写真で。
全部教えると探す楽しみがなくなりますものね〜

グラバー園を見る前にもっと上の方にある旧オルト住宅なども見ました。


旧リンガー住宅

此処にもオーブが写ってましたが、いつも私の周りにいる物ばかりではない様です。

大きいのは私をいつも守ってくれてるアセンデットマスターと天使達だと思います♪

そう言えば、私の曾ひいおばあちゃんも、異国欧州からこの時期に日本に来て日本で亡くなった。

どんな思いで、生まれた場所とは違う所で住んでいたのだろうと、ふと思った。

あなたが居てくれたから私が居るのね。おばあちゃんありがとう♪

会いたかった〜〜!! もしかして、いつも側に居るオーブのひとつはおばあちゃんなの??かな〜

ここにいるのは、何時も側にいてくれるオーブ♪

今回も綺麗な所を見学出来て幸せでした。

福岡に帰ってから、空港近くの人気の天ぷらやさんに行きました。

ここは何時行ってもこんな感じです。

目の前で揚げてくれるので熱々を美味しく食べれます!

とても美味しいし値段もお安いです。皆さん良く知ってますね〜

名前は天ぷらのひらおです。空港ビル側ではなくて滑走路側の道沿いにあります。

食べてる人の後ろに長椅子があって50人程が待ってました^^;

待ってまでも食べたくなります♪

この日も、とっても楽しかったし美味しかったです。

ご馳走さま、ありがとうございました^^y

長崎の旅 PART 1

標準

長崎はさすがに教会が多いですね〜♪
この写真は、ホテル近くの佐世保の教会です。

青い空にも教会は絵になりますね〜綺麗ですね!

ライトアップされた同じ教会です。夜もステキです!

この教会から近い所に、佐世保駅があります。

佐世保と言ったら〜〜
佐世保バーガー!!!
巨大の物に会いました〜
大き過ぎ〜(笑)  今回は食べれませんでした! 残念!!

佐世保バーガーは佐世保で作られるバーガーで、そこで注文に応じて好きなように作ってくれる手作りバーガーです♪

次の朝、ホテルから見ると
やはり、長崎は〜今日〜も〜雨〜〜〜だった〜〜♪ ♪でした(笑)

この日は、九十九島巡りです。

九十九とはたくさんと言う意味らしいです。
本当は208の島があるそうです。

こんな船も停泊してました。

ワンピースの絵が飾ってありました♪ (海賊船ですかね〜?)

赤色は鮮やかで目立ちますね〜!!

下の白い船が九十九島遊覧船パールクイーンです!




九州の西。長崎北部の海に浮かぶ島々。

自然の素晴らしさここにも・・・

とても美しく神秘的で感動!



とても狭い所を通り抜けます!
船長さん頑張ってください〜〜!!
素敵ですよね〜〜♪  空気が違います!!

綺麗で、とっても癒されるしエネルギーを感じました♪

この近くでも他の写真にオーブが写ってましたが、自分が気持ち良いな〜と感じる場所では特に良く写るようです。

次の写真にも・・・

この場所はエネルギースポットのようですね〜。 強いオーブの光が写ってます♪

とっても綺麗で、別世界に来てるみたいに神聖な場所に感じました。

今回も綺麗な物を見せて下さり、ありがとうございました^^y

こんなバスが止まってました。綺麗にペインティングされてますね♪

 

お土産の紹介

旦那様が佐世保であった夜のパーティで頂いた物です。

(2010年モンドセレクション最高金賞受賞品)

ぱりっサクっとして中にピーナッツも入っていてとても美味しかったです!

飽きない味で沢山食べれそう^^;

お土産にはおすすめですよ〜♪

ご馳走さまでした!

次回は佐世保バーガーを食べてみたいです^^

祈り

標準

長崎 黒島天主堂          2010.12.25 撮影

(国指定文化財)

 

祈り           (中森樹庵)


美しい祈りは光になって

まっしぐらに天にとどきます


清らかな祈りは光になって

あなたのもとに かえってきます


感謝する祈りは光になって

人々を包みこみ 世界を癒します

 

Elenaの好きな言葉です。


(中森樹庵メッセージより)

黒島天主堂について

ロマネスクの香り漂う美しき天主堂建築

キリスト教が禁じられていた江戸時代、黒島は信者達が移住し、隠れ住む島でした。

やがて正式に禁制が解かれると、ペルー神父が来島して木造教会を建設しました。

その後フランス人マルマン神父が明治33年から煉瓦造りの天主堂建築に着手し、島民達の

力で造り上げました。地元産の御影石と煉瓦を用い、木目まで手で描いた美麗な建築。

九州における天主堂建築の完成形とも評される荘厳な堂内には、今も黒島の人々の

祈りが響き渡る。

(koki Sunadaより)

黒島の住人は約600人程です。

「クルス(十字架)の島」が、名前の由来と語られているように、7割がカトリック信者だそうです。

 

こちらに、行くには長崎佐世保市の相浦港よりフェリーで50分、黒島港より歩いて20分です。

私達は、車を相浦港に置いてフェリーに乗り、黒島港からは天主堂迄歩いて行きました。

相浦港から黒島迄は往復で大人一人 1330円です。

黒島港からの最終便は、15:30分です。

時間になると直ぐに出ますから、時間厳守で乗り込んで下さいね!

 

以前から一度訪れたい所で、夢が早く実現出来て嬉しかったです。

25日のクリスマスの日のこの日はとても寒く、ちらほら雪もぱらついてました。

中の撮影が出来なくて残念でしたが、それはそれは、何とも言えない位落ち着きのある、シックな

色とデザインで、祭壇は,有田焼のタイルが敷かれてました。

創建当時から使われている木製のシャンデリアも味わい深く素敵でした。

天井は、リブ・ヴォールト天井(こうもり天井)こうもりが手を広げた様なデザイン。

 

海に囲まれた島に、こんな素敵な教会があるのはこの島の財産の様に思えます。

ミサは、イヴの夜にあり私達が行った時は

誰も居なくて2人だけで貸し切り状態でしたが、ゆっくりとお祈りも出来て嬉しかったです♪

心が洗われるとはこういう事かな〜と思いながら暫く眺めたり、信者さんの様に椅子に座ったりし

て約20分程を過ごしました。フェリーの時間に余裕があればもう少しいたかったです。

中は写せないので、ビジターセンターの関係者が写された写真から・・・

 

 

Elena

 

 

 

千仏鍾乳洞

標準

天然記念物 千仏鍾乳洞は、カルスト大地の雨水により作られたものです。四季を通じ気温が16度、水温が14度らしいです。1200m奥迄行けますが、ライトの関係上この日は900m迄行けました。

千仏鍾乳洞の入り口です。今から入ります♪


氷水の様に冷た〜い、水の中をこのスリッパで900mも歩きます。
膝まで浸かる所もありヒエ〜〜!!と^^;

こんな感じで歩いて行きます。頭ぶつけそうな所もあります。

喉の中みたいね!



うふっ!! 名前が変!!
巨乳だって〜!
まけた〜〜!!^^
天井の方を撮ってみました。

別世界に来てる様で鍾乳洞は好きです。

でも、電気があるからいいけど、無かったら恐いよね〜!

その前に、小高い山にも登れたし、楽しい1日でした。

自然に感謝!

秋の秋月

標準

福岡の筑前の小京都、城下町秋月です。

「国重要伝統的建造物群保存地区」

鎌倉ー戦国時代の雄、秋月氏が、1203年(建仁3年)に築城した山城跡。

秋月時代約400年、のち1624年(寛永元年)福岡藩黒田家家の分家、5万石城下町として栄えたそうです。

当時千軒5000人と言われた町も今では3百軒千人程の静かな町です。

秋月の眼鏡橋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒門

色着いたもみじ・・・綺麗〜♪

長屋門

野鳥川沿いの鯉の宿

本葛100%の葛商品の数々!

此処に来たら、必ず購入するのが

楽しみです。

種類は、しょうが、抹茶、小豆、コーヒー、白糖、黒糖等があります。

 

 

 

 

このお店でも頂けます。

 

 

 

 

 

 

 

お家で美味しく頂きました。

懐かしい紙風船はお店から頂いた物です。ちょっとした気使いがうれしいですね〜

幸せな、いい一日でした。  有り難う自然!  ありがとう沢山の人達♪

自然の力

標準



福岡の玄界灘にある、芥屋の大門と言われてる所に初めて行きました。

やはり、自然に出来た物は凄いですね〜♪

 

此処にも沢山のオーブが写ってますね。天使さん達守ってくれてありがとう♪